看護師はストレスを抱え込みやすい職業なんです

看護師の悩み(うつ病)

職業問わず年々増加傾向にある「うつ病」は、看護師にとっても例外では ありません。看護師は医療機関に携わる接客業とも言えますので、 患者さんと毎日接している看護師のストレスはかなりなものでしょう。

また、職場の人間関係もうつ病の大きな原因の一つと言えます。 看護師は医師と同様に人命を預かる仕事ですから、安易な気持ちで仕事は できません。医療事故など起こしてしまってはそれこそ一大事。 常にミスのないように緊迫した状況の中で仕事に従事しているわけです。

「そんな現場だと承知で看護師をしてるのだから、常に緊張感を持つのは 当たり前」というご意見もあるかもしれません。しかし、看護師も一人の 人間です。命の重さは患者さんも看護師にも違いはありません。

看護師の職場環境は想像以上に厳しい現状があります。現場の仕事以外に、 勉強会や看護研究などもあり、患者さんの看護の他にすることはたくさんあります。 勤務する病院でも違ってきますが、規模の大きい病院に勤務する場合の 勤務体制はかなり過酷です。日勤業務の忙しさに加えて、夜勤や当直勤務が あります。

勤務体制が過酷な上に、職場の人間関係が上手くいかない‥。 心身ともにボロボロになって離職する看護師も実際に増えています。 離職の理由が職場環境である場合、職場を変えれば問題解決の糸口になります。 しかし、うつ病を患った場合は、離職しただけでは問題解決にはならないケース が多いのも事実です。

うつ病は発症すると、日常生活にも多大な影響をもたらす深刻な心の病です。 現在の職場環境が合わずに悩んでいるのなら、うつ病になる前に思い切って 転職するのも最善策です。うつ病になって離職し休養した後、症状も治まって復職を望んでも苦い経験が トラウマになり上手くいかない方も多いと聞きます。これでは看護師資格も、 これまでの経験も活かすことができません。

うつ病になりそうな自分がいたら、自分の体を壊さない為にも、環境を変える 選択をして下さい。自分が心身ともに健康でなければ、患者さんを笑顔で迎える 白衣の天使にはなれないのですから、自分自身を大事にすることも大切です。

転職するにあたっては、看護師専用の転職サイトを利用してみるのもいいで しょう。登録も利用も無料で、自宅で探すこともできて便利です。また、 悩みや希望を聞いてくれる専門スタッフもいるので心強いでしょう。