早いって聞くけど、実際はどのくらいで融資が受けられる?

消費者金融:融資が受けられるまでにかかる時間は?

キャッシングといえばお金に困った際に融資が受けられるとても便利なものではありますが、申し込みをしてからどれくらい融資してもらえるのか気になりますよね。
初めての消費者金融・初心者ガイド

審査というのは必ずあるものなので、キャッシングの融資を受けるためには申し込み→審査→融資という形になります。 そのため、審査がどれくらいで終わるかというのが融資までにかかる時間を大きく左右すると言えるでしょう。

どの業者に申し込むかによって審査時間は違うものの、早いところだと30分ほどで審査が終わります。 ちなみに、即日融資を行っている銀行であれば、同じく30分ほどで審査が終わるところもあるので確認してみてはどうでしょうか。

注意しなければならないこととして、即日融資を受けようと思っているのであれば対応時間をしっかり確認しておかなければなりません。 多くの場合、消費者金融では14時までに申し込みが完了すれば即日融資が可能となっています。

ただ、○時までに「振込みの申し込みが完了すれば」即日融資が可能となっているケースでは気を付けなければなりません。 これは審査を受けてそれに通ったあとに振込みの申し込みとなるわけなので、その時間帯までには審査を終えておく必要があるからです。
茨木県ホームページ

審査は早くても30分、遅い場合はそれ以上かかってしまうわけなので、即日融資を希望しているということであればできるだけ早めに申し込みを済ませておいたほうがいいでしょう。

土日は即日融資が難しい場合もあるので、平日の午前中に申し込みを済ませることができれば、審査に落ちない限り即日融資が受けられるはずです。

もちろん、これは即日融資に対応しているキャッシング会社を選んだ場合の話となるので、即日融資を行っているかどうかというのは先に調べておきましょう。

今はインターネット上から手軽に審査を申し込めるところが増えましたが、インターネットを通して申し込むからといって24時間いつでも審査が行われているわけではありません。 審査は平日の21時までしか行われていないので注意しておきましょう。

審査がないキャッシング業者について

キャッシングを希望する人はどういった人かというと、お金に困っている人ですよね。 そのため、何とかして融資してくれるキャッシングを探しているはずです。

キャッシング会社は申し込みをした全ての人に対して融資をしてくれるわけではなく、審査に通った人にしかお金を貸してくれません。そこで、多くの人は審査が優しい業者を探すでしょう。

融資が受けられる業者はいろいろあるものの、銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすいと言われています。そのため、勤務先や勤続年数など、何らかの不安がある方は銀行ではなく消費者金融に申し込んだほうが通りやすいと言えるでしょう。

ただ、消費者金融だからといって極端に審査が甘いところは存在しません。そんな中で「審査なし」としているキャッシングは高確率でヤミ金だと思っていいです。こういった業者を利用すると危険なので避けておいたほうがいいでしょう。

キャッシング以外でお金を工面する方法として、クレジットカード現金化という方法もあります。 これはクレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、その商品を専門業者に買い取ってもらって代わりに現金を受け取るという方法ですが、こちらも危険なので避けましょう。

クレジットカード現金化では、30万円のものをカードで購入し、業者に25万円で買い取ってもらうというような流れが一般的ですが、確かに25万円の現金が手に入るのは魅力的です。しかし、カードの利用料として支払わなければならないのは30万円なので、どうしても損をしてしまうのです。

また、クレジットカード現金化をしたことがクレジットカード会社にバレてしまうと一括返済を求められる可能性が非常に高いので気を付けなければなりません。

こういった行為はクレジットカード会社の規約違反となるため、一括返済を求められるだけでなく今後そのカードは使えなくなってしまう可能性が高いです。

お金が必要ということであれば、クレジットカード現金化ではなくキャッシング業者に融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。

土日は即日キャッシングできない?

今すぐにお金が必要という人からもキャッシングが選ばれています。キャッシングの中には申し込んだその日のうちに融資が受けられる「即日融資」に対応しているところもあるため、そういった業者を選べば当日にお金を受け取ることができますね。

ですが、注意しておかなければならないことがあります。それは、土日は即日融資が受けられないケースがあるということ。

そもそも即日融資であったとしても、審査に通らなければ融資を受けることはできません。 この審査には勤め先への在籍確認も含まれるのですが、ここが即日融資を受ける際に一番の問題となってしまいます。

在籍確認は、勤め先に電話をし、担当の方が出た時に「○○さんはいらっしゃいますか?」という形で本人がいるかどうかを確認します。 そのため、会社に誰もいない土日や、平日の夜では在籍確認ができないため、審査が完了しないのです。

つまり、タイミングによっては即日融資ができなくなってしまうということです。 ただ、これは電話での在籍確認を必須としているキャッシングに申し込んだ場合の話となります。 キャッシング会社の中には電話ではなく書類で在籍確認を認めてくれるところもあるのです。

注意しなければならないこととして、書類での在籍確認を認めてくれるキャッシング会社であったとしても借り入れ金額が大きくなる場合には電話での在籍確認が必要となります。

土日以外で即日キャッシングを検討しているという場合は、銀行系よりも消費者金融のほうが向いています。 なぜかというと、銀行に比べると消費者金融のほうが審査にかかる時間が短いため、短時間で融資可能かどうか結果が出るためです。

ただ、専業主婦の場合は自身に収入がないため、消費者金融の審査には通りません。 銀行であれば配偶者に収入があれば融資が受けられる可能性もあるので、この場合は銀行系を検討しましょう。

どうしても今日中に融資を受ける必要があるという場合は、できるだけ早い時間帯に申し込みを済ませることが大切です。

専業主婦でも利用できるキャッシングはある?

お金に困ってしまう人はたくさんいますが、専業主婦もお金に困りやすい立場にあります。 専業主婦といえば自身が仕事をしていないわけなので、夫の給料でやりくりをしなければなりませんよね。

かなり余裕がある家庭であればなにも心配いらないかもしれませんが、中には毎月ぎりぎりの生活をしているという人もいるでしょう。 そういった家庭では急な出費などがあった際に生活費や支払いに回すお金が足りなくなってしまう可能性も考えられます。

そこで、キャッシングを利用したいと思っている専業主婦もいるはず。 キャッシングであれば即日融資に対応してくれるので、申し込みをしたその日のうちに融資を受けることができますよね。

しかし、キャッシング会社には総量規制という法律が適用されています。 これは、個人の借り入れ可能な金額は年収の1/3までに制限される法律のことです。

つまり、年収が300万円の人であれば、合計100万円までキャッシングできるということなのですが、専業主婦の場合は自身に収入がありません。 そのため、現在はほとんどのキャッシングが専業主婦の申し込みを断っているという形になるのです。

これは例え旦那さんがどれだけ稼いでいたとしても、自身に収入がないという時点でアウトということになります。

では専業主婦はどのような方法でも融資を受けられないのか?というとそうではありません。

まず、銀行のローンを利用するという方法。 夫に安定した収入がある必要がありますが、銀行のローンは総量規制の対象外となるため、専業主婦でも融資を受けることができるのです。

もう一つの方法が、配偶者貸付という制度を利用する方法。 こちらは安定した収入がある夫と夫婦であることを証明する書類などを送り、夫婦の年収を合算して融資してもらうものです。

例えば、妻の年収が0円であったとしても夫の年収が600万円であれば、総合年収は600万円となり、600万円の1/3まで借り入れができます。

ただ、配偶者貸付制度を取り入れているキャッシングはとても少ないので、まずは銀行ローンから検討したほうがいいでしょう。

↑ PAGE TOP